>

海外で携帯端末を使用する

レンタルから返却まで

海外でレンタル通信機器を借りる際の流れを大まかに紹介していきます。
まずはじめに、レンタル通信機器を借りる前に海外旅行の出発日を決めます。
インターネットであれば、出発日を打ち込み、出発する空港を選択し、約4日前には受け取ることができますが、当日空港で申し込む事もできます。
宅配便であれば送料はかかりますが、大体出発日前日に届くかたちとなります。
利用料金のお支払いはクレジットカード、後払いなどがあります。
レンタル通信機器を受け取ったらあとは簡単なWi-Fi設定をし、現地で使用するだけになります。
その後は空港で返却か郵送で返却といった流れになっています。
こうしてみても、申し込みから返却は難しくはないので誰でも簡単にレンタル通信機器を簡単に利用することができます。

データ使用量について

レンタル通信機器もいくらでも使えるわけではありませんので、通信量が制限されています。
250MB、500MB、1GB、2GB、3GB、4GBとほんの一例ですが自分の使用量に合わせて選ぶことができます。
やはり動画再生などしてしまうと、データ量の消費が激しくなってしまうので注意が必要です。
インターネットを閲覧したり、メール、LINEを利用する上ではあまり支障はありませんが、SNSに動画をアップロードしたり、閲覧を多くしてしまうと消費が激しくなってしまいます。
SNS等を多く利用する人は多めの通信量を選ぶことをおすすめします。
特に翻訳やインターネットの閲覧だけを利用する方はあまり気にしなくても良いかもしれませんが気にする程度で利用しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る