>

レンタル機器を使用する上での注意点

どこでも使えるわけではない

レンタル通信機器の殆どがポケットWi-Fiです。
そのためいつも持ち運ばないといけませんが、そこまで大きくないため邪魔にはなりませんが少し煩わしくなるときもあるかもしれません。
またどこでもWi-Fiが繋がるわけではありません。
建物の中や地下など入ってしまうとWi-Fiが入りにくかったりするため、知らずに使っていると、Wi-Fiが切れて自分のデータ通信量を消費してしまう可能性もあります。
データ量も使いすぎてしまうと低速になったりしますので、SNSを多く利用する人はいつもより閲覧時間を減らす必要があります。
何カ国も旅行に行く場合は、行く国を申請しなければならないので、何カ国も旅行する人は少し面倒かもしれません。

高額請求されないようにする対策

海外でレンタルWi-Fiが切れた状態では自動的に自分のキャリアのデータ通信に切り替わります。
スマートフォンの場合、自動で最新データを受信する機能があるので、意図的に見ていなくても通信量を使っているなんてことにもなるのです。
そういう事を防ぐためには、データローミングをオフにすることが大切です。
海外に旅行に行く前には、データローミングをオフにして、レンタルWi-Fiだけの利用にしましょう。
そうすることで、自分のキャリアのデータ量を減らす事もありませんので必ずやって頂きたい機能の一つです。
基本的には、海外からの音声通話はかなりの通話料になってしまうので、電話は緊急時以外かけないといった策をとることが重要です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る